成功した人が何をどんな風にして成し遂げたか、というのは人々の興味を引くようで、たびたびメディアでも目にします。ただ、大成してしまうと一般人から遠い存在となり、雲の上の人になってしまうため、偉人伝にピンと来ないことも多いかと思います。

しかし成功した人でも打ちひしがれるような思いや、不幸を味わう経験をすることも少なくないようです。

以下にあるエピソードに直接成功へつながる方法は一切ありません。

むしろ、どうしてこの人たちがこの世にこれほど名を残すほどまでの業績を残せたのか、それは逆境を乗り越えたからこそ、なのかもしれません。

今、苦しい思いをしている人へのヒントや励みになれば幸いです。

 

①リンカーン

1832年の春にビジネスのトラブルから無職になり、その後1835年には恋人のAnnを亡くし、かなりの打撃を受ける。1832年に州議会に立候補したが落選し、それから数えて合計8回の選挙に落選する。結婚してからは次男を病気で亡くしている。

第16代アメリカ合衆国大統領。アメリカ国民に最も愛された大統領でもある。

 

②エジソン

小学校の教師に「学習する知能がなさすぎる」と言われ、仕事は2度「生産性がなさすぎる」と解雇され、電球の発明に1000度の失敗があった。後にインタビューで記者に「1000回失敗したという気持ちはどういうものですか」と尋ねられ、「1000度の失敗をしたわけではない、1000のステップを経て電球が発明されたのだ」と答えた。↓

発明王の異名を持つ発明家。

 

③マイケル・ジョーダン

ジョーダンは高校のときにバスケットボールのチームから外された。彼はその後「人生において何度も何度も失敗した。だから成功した」と伝えている。

バスケットボール史上最高のプレーヤーとなる。

 

④ウォルト・ディズニー

ディズニーは新聞社で編集長から解雇を告げられ、その理由は「彼は想像力に欠け、よい発想は全くなかった」と言われた。ディズニーランドを建てる前に何度も破産し、テーマパークもアナハイム市から、どうでもいい連中しか寄せ付けないと、建設を拒否された。

アニメーション・漫画の巨匠

 

⑤ドクタースースー

27もの出版会社に拒否されている。

20世紀のマザーグースと評され、アメリカ人に知らない人はいないと言われる絵本作家。

 

このように成功した人は多くの挫折や苦労を経験していますが普通の人なら心が折れてしまうような状況やあきらめてしまう状況でも偉業を『やり抜く』ことができました。

実は成功者に必要な要素として『才能』よりこの『やり抜く力』が必要と言われています。

そんな『やり抜く力』を学ぶことができます。

詳細はhttp://www.hb-associates.co.jp/archives/menu-list/%e7%ac%ac%ef%bc%91%ef%bc%90%e5%9b%9e%e3%80%80%e8%83%bd%e5%8a%9b%e3%81%8c%e9%ab%98%e3%81%84%e3%81%ae%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%81%8b%e3%81%aa%e3%81%8b%e6%88%90%e5%8a%9f%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%81%aa%e3%81%84

 

企業の目標達成プログラムを企画、提案、実行する頭脳集団
株式会社ヒューマンブレインアソシエイツ

〒460-0008 名古屋市中区栄2-7-13
TEL: 052-231-5077
FAX: 052-222-3797