日本人は英語が下手と言われているが欧米人とのビジネス上でのコミュニケーションの問題点は語学力だけに起因するものではない。

日本に限らず母国が同じもの同士はより深くお互いが理解できる。それは母国のコミュニケーションの取り方をしっているからだ。欧米人にとってビジネスにおいて日本人とのコミュニケーションが厄介なのは相互のコミュニケーションの取り方に大きな違いがあるからだ。では日本人のどのようなコミュニケーションの取り方に問題があるのだろう。

日本人が日本語をそのまま英訳し、外国人とのコミュニケーションに用いることがある。それは時にネガティブに言っているつもりでもポジティブに捉えられてしまう。などの誤解が生じる場合がある。

例えば「ご検討いたします。」皆さんはこの表現をどの様なときに用いるでしょうか。日本人は討論を避けるため真意を明かさず「ご検討いたします」と話を流す場合がある。

また、「はい、分かりました。」は欧米社会では「同意します。」(I agree.)というポジティブな意味合いを含む。しかし、日本では必ずしもそうではない。

相手の話を聞き、理解しているという意味で「分かりました」を用いる人が多い。欧米人が自分の話に賛同してくれている、と有頂天になるのが困るのであれば、“I see.“や“Really?“と色々な表現を混ぜてあいづちを打ってみてはいかがだろうか?

このように表現の仕方、解釈の仕方でまったく別のものと捉えてしまうのが日本人と欧米人の違いだ。このような表現を普段使ってしまっていることも多いのではないでしょうか。

このような異文化を理解することがこれからのビジネスでは求められています。

弊社のGROW UPセミナーでも学ぶことが出来ます。

詳細はhttp://www.hb-associates.co.jp/archives/menu-list/%E7%AC%AC6%E5%9B%9E%E3%80%80%E6%96%87%E5%8C%96%E3%83%BB%E4%BE%A1%E5%80%A4%E8%A6%B3%E3%81%AE%E9%81%95%E3%81%84%E3%82%92%E5%85%8B%E6%9C%8D%E3%80%80%E7%95%B0%E6%96%87%E5%8C%96%E9%96%93%E3%83%93%E3%82%B8

企業の目標達成プログラムを企画、提案、実行する頭脳集団
株式会社ヒューマンブレインアソシエイツ

〒460-0008 名古屋市中区栄2-7-13
TEL: 052-231-5077
FAX: 052-222-3797