四月は新入社員にとって、職場の環境になれることに一生懸命で、知らないうちにストレスをためている時期です。6月頃に入ると職場に配置され、実際の仕事がはじまる方も多いのではないでしょうか?そして、仕事の厳しさに直面して、「こんなはずじゃなかった」
と仕事や人間関係がうまくいかず、大きなストレスを抱え込んでしまう方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、新入社員の「うつ」について考えてみたいと思います。

学生という身分から会社員という立場に変化したことが大きなストレスになることは理解できます。仕事を覚えたり、新しい環境や人間関係を築いていく、こうした個々のことがストレスとしてたまり、うつ病へと発展してしまうこともあります。

新入社員でうつ病に陥りやすい人の特徴は以下のようなものがあります。

・神経質で几帳面
・完璧主義・潔癖主義
・理想主義(理想や目標が高すぎる)
・がんこでゆうずうがきかない
・人に頼まれると断れない
・自分さえ我慢すればとよく思う
・まじめで何事にも熱心、責任感や義務感が人一倍強い
・自分の感情や考え方、想いを表現したり、相手に伝えられない
・他人の評価が気になり過ぎたり、被害妄想的な面がある
です。

そのような人が起こす身体的な特徴としては

・便秘、下痢、腹痛が起こる
・めまいがする
・めまいや肩こりが起こる
・疲れやすい
・寝つきが悪い
・熟睡感がない
・朝起きられない
・食欲がわかない

などがあげられます。

「就職する」ということ自体に大きなストレスを感じます。
そういったストレスが基盤にある中、更に新たな職場や人間関係によるストレスが加わります。実際の仕事自体もストレスが伴います。
こういった状況ゆえにうつ病に陥る人も多いのです。

新入社員がうつ病にならないためには
できるだけストレスをためない
ためたストレスを適度に発散することがキーポイントになります。

そんな新入社員の方々などに心も体もリフレッシュして、健康になっていただくセミナーが
あります。

詳細はhttp://www.hb-associates.co.jp/archives/menu-list/%e7%94%9f%e6%b4%bb%e3%81%ae%e4%b8%ad%e3%81%a7%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%82%92%e6%84%9f%e3%81%98%e3%82%84%e3%81%99%e3%81%84%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%83%bb

企業の目標達成プログラムを企画、提案、実行する頭脳集団
株式会社ヒューマンブレインアソシエイツ

〒460-0008 名古屋市中区栄2-7-13
TEL: 052-231-5077
FAX: 052-222-3797