column479本日は声について考えましょう。アメリカの心理学者アルバート・メラビアンの実験によると人の行動が他人に与える影響でいうと声・話し方は38%の影響を与えると言われています。
子供の頃、自分の声を録音して違和感を覚えたように基本的には自分が感じる自分の声と他人が感じている自分の声は違うので時間がある時自分の声を録音して聞いてみてください。

自分のことでいうと鼻炎のため鼻声なので聞き取りづらい声ではあります。ではどうすれば相手にいい印象を与える声になるのでしょうか?

男性は低音の声が多いですがワードごとハッキリと話すクセをつけると好印象だそうです。
口角を軽く上げ、口をハッキリと動かすことを意識するだけでも抑揚が生まれやすくなり、話し方は快活に感じられます。

また実は声には表情があります。電話やインターホンの声だけで相手の年齢や性格、今現在の感情ってなんとなくでも推測することってできますよね。
表情の伝わらない電話では、声から笑顔が想像できるような「笑声(えごえ)」が理想とされています。この笑声をぜひ意識してください。声だけで相手が「今話している人は笑顔で話しているんだな。」と思ってもらう話し方でだいぶ印象がよくなると思います。
さて弊社主催のGrow upセミナーでも電話応対の基礎が学べます。

詳細はhttp://www.hb-associates.co.jp/archives/menu-list/%e9%9b%bb%e8%a9%b1%e5%bf%9c%e5%af%be%e5%ae%9f%e8%b7%b5%e5%90%91%e4%b8%8a%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc

企業の目標達成プログラムを企画、提案、実行する頭脳集団
株式会社ヒューマンブレインアソシエイツ

〒460-0008 名古屋市中区栄2-7-13
TEL: 052-231-5077
FAX: 052-222-3797