みなさんの中でリーダーシップがある人物ってどんな人でしょうか?偉人でいうとたくさんいますよね?織田信長やシーザー、ナポレオンなどなど。どことなくカリスマ性があり、みんなをぐいぐい引っ張ってくれるリーダーです。しかし自分を見たとき、そんなにカリスマ性もないし、中にはみんなを引っ張るのって苦手って人もいると思います。そんな人が仕事上、上司やリーダーにならなくてはいけないということもあると思います。

そこで今日は「新しい形のリーダーシップ」をご紹介しましょう。

価値観が多様化する現代では、従来とは違ったリーダー像が求められるようになってきました。そのひとつが、グローバル企業を中心に多くの企業が取り入れているサーバント・リーダー。いわゆるリーダー的性格ではなく、陰で他人を支える方が性に合っているという方も多いはず。また、リーダーシップなんて自分には関係ないと思っている方もいるかと思います。そんな方におすすめしたいのが、「サーバントリーダーシップ」という考え方。です。

「リーダーのために部下がいる」ではなく、「部下を支えるためにリーダーは存在する」がサーバントリーダーシップの根本的な概念です。

これは部下に仕える、 従属する、こびるという意味では決してありません。後方からメンバーを支えて背中を後押しし、 時に下から支えながら自ら考えさせる、自ら動かざるを得ない状況を作り出すようにするのです。

「利他」を実践し、組織を己の力で支配しようとしないサーバントリーダーはチームに強い絆をもたらす。

サーバントリーダーは、使命感に溢れた人柄で、相手のことを心から思いやる心を持ち、相手を支え、相手に仕えます。
私たちは、サーバーントリーダーのことを「信頼できる」と感じ、無意識にサーバントリーダーに従います。

サーバントリーダーには、他者を理解し、その可能性を引き出す能力が求められます。正しいことを「見抜く力」や「実行に移す力」があり、さらに、自分が持つすべての資源を他者に与えることができて、部下からは「この人にならついていきたい!」と思われるような人こそ、サーバントリーダーに適任でしょう。

常にビジネスの環境が変化する現代では、メンバーが単に指示に従って動いているだけではチームが成果をおさめることはなかなか難しいもの。メンバー一人一人が主体的にチームにコミットしていく必要があります。そのため、メンバーを動機づけ、活躍しやすい環境を作ることが出来るサーバントリーダーが必要とされている。

このように今。新しい形のリーダーシップが求められている。

その他にも「インクルーシブリーダーシップ」というものはご存じだろうか?

「包括的に」を意味するこのリーダーシップは女性を活躍させたい企業や先ほどみた部下たちにリーダーシップを発揮させるリーダーシップとして注目されている。

詳細はhttp://www.hb-associates.co.jp/archives/menu-list/%e7%ac%ac9%e5%9b%9e%e3%80%80%e6%96%b0%e3%81%97%e3%81%84%e5%bd%a2%e3%81%ae%ef%bc%92%ef%bc%91%e4%b8%96%e7%b4%80%e5%9e%8b%e3%81%ae%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%80%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%83%e3%83%97%e3%80%80

企業の目標達成プログラムを企画、提案、実行する頭脳集団
株式会社ヒューマンブレインアソシエイツ

〒460-0008 名古屋市中区栄2-7-13
TEL: 052-231-5077
FAX: 052-222-3797