kaiwa-01ボディランゲージで相手とコミュニケーションをとれば、仕事の話も単に言葉だけで会話するより遥かにスムーズになります。

□初めて会う取引先の相手
□苦手意識を持ってる相手
そんな人たちに心を開いてもらうのって至難の業ですよね。
ついつい焦って、沈黙を嫌い言いたいこともまとまらず気まずい思いをしたことがある人もいるのではないでしょうか?
うまくコミュニケーションをとらなくてはと一生懸命喋りまくって、かえって逆効果なんてこともありますよね。

うまくコミュニケーションをとるには「会話」も大事ですが、その人の姿勢や見た目、雰囲気など非言語コミュニケーションが重要です。

人がコミュニケーションをとるには3つの方法を使っています。
・ボディランゲージ
・声の使い方
・言葉

です。この中で最も相手に影響力があるのは「言葉」と思われがちですが実は・・・
「ボディランゲージ」です。

ボディランゲージ55%、声の使い方38%、言葉7%。ボディランゲージの与える影響はなんと半分以上です。
ということはボディランゲージをうまく使うことで相手にさまざまな影響を与えることが
できるのです。

最も分かりやすい例は身振り手振りです。
会話中に相手が腕を組んでいたら「バリアー」(拒絶)を表します。癖になっている人はこれだけでも気を付けましょう。

またコミュニケーションではパッと目に入る第一印象も大事です。猫背のまま話せば印象はよくないですし、挨拶するときにはきちんと姿勢を正しましょう。もし自分で姿勢が悪いなと感じたら3秒で治せる方法があります。
①両肩を上方向すくめる ②両肩甲骨を内側によせる ③ストンと脱力する

これをやれば背筋が伸びた状態がどこでもできます。

また真正面に対峙した形で座ると、相手は緊張を覚え、身構えてしまいます。
座る時は相手の体の中心からすこしづれた形で座りましょう。

また相手が話していることに同意していると伝えるにも「はい」「わかります」という言葉よりもボディランゲージが有効的です。いいながら顎を動かして頷くことが重要です。

重要なことは頷くタイミングです。相手の動きにあわせればより相手は同意してくれていると感じられます。頷きはそもそも相手の話を引き出す効果があります。効果的に実践しましょう。

このように相手の心を掴むにはいろいろなスキルがあります。

弊社主催のセミナーでも「『第0(ぜろ)印象』相手の心を掴む話し方」というのを
学ぶことが出来ます。

詳細はhttp://www.hb-associates.co.jp/archives/menu-list/

参照:はたらくす「営業トークが劇的に変化!非言語コミュニケーションで会話術を改善する7つの秘訣」

企業の目標達成プログラムを企画、提案、実行する頭脳集団
株式会社ヒューマンブレインアソシエイツ

〒460-0008 名古屋市中区栄2-7-13
TEL: 052-231-5077
FAX: 052-222-3797