2017年春に入社予定の大学生・大学院生に対する主要企業の採用内定が10月1日に正式に
解禁されました。りそなホールディングスが都内で内定式を開催しました。
今年は会社説明会から面接までが3カ月と昨年よりも2か月短い短期決戦となり、負担が軽くなった
と学生には好評でした。
先日「週休3日」で話題となったヤフーは10月3日、「新卒一括採用」を廃止し、新卒、既卒、第二新卒など経歴に関わらず30歳以下であれば応募できる「ポテンシャル採用」を新設し、通年採用を行うことを発表しました。
「ポテンシャル採用」では、エンジニアやデザイナーをはじめ、営業職など全ての職種を対象に、
年間で300人程度採用を予定しているそうです。
ドイツなどでは大学卒業後海外にバックパッカーとして何年かいろいろな経験をしてから就職するモラトリアムの期間が許される文化ですが
日本では「新卒」というブランドがないと就職が不利になるという状況だったので
このヤフーの採用方式は日本の企業においては活気的ではないでしょうか。
「採用」にもいろいろな形がでてきましたが来年に春には多くの新社会人が各企業にやってきます。新卒社員を受け入れる我々の準備は大丈夫でしょうか?
大学卒業後は企業の中で新卒社員のコミュニケーション能力を磨かなくてはなりません。
コミュニケーションといえば先日トヨタ自動車が手のひらサイズの対話型ロボットを全国のトヨタ車両販売店で発売すると発表しました。
robo少子高齢化が進む日本で減りがちな、コミュニケーションができる癒し系ロボットとして販売されます。
人の顔や表情を読み取って感情を識別し、状況に応じた会話や動作が可能のようです。
来年入ってくる新卒社員はこのロボットのようにいきなり状況に応じた会話や動作ができるでしょうか?
自分の新入社員の頃を思い出せばわかりますよね?
社会の中ではいろいろなビジネスマナー、ルール、常識があり先輩に叱られながらも少しずつ
身に着けていったのではないでしょうか。
特に多くの新卒社員に教えるべきなのは「電話応対」です。
新卒社員の教育係の方々はきちんと新卒に「電話応対」を教えられるでしょうか。
もしかして「普通に出て会社の名前を言えばいいよ。」で終わらせませんよね?

ヒューマンブレインアソシエイツ主催のGrow upセミナーでは3月に開催される
セミナーのテーマはまさに「電話応対」のマナーです。新卒社員の教育担当者にはぜひ
ご参加していただきたいです。

詳細はhttp://www.hb-associates.co.jp/archives/menu-list/%e9%9b%bb%e8%a9%b1%e5%bf%9c%e5%af%be%e5%ae%9f%e8%b7%b5%e5%90%91%e4%b8%8a%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc

もちろん教育担当だけでなくまだまだ未熟と感じている中堅社員、若年層社員もぜひご参加ください。

 

 

企業の目標達成プログラムを企画、提案、実行する頭脳集団
株式会社ヒューマンブレインアソシエイツ

〒460-0008 名古屋市中区栄2-7-13
TEL: 052-231-5077
FAX: 052-222-3797